1994年02月13日

光GENJI St.Valentine's Day Eve in日本武道館(バレンタイン握手会)イベントレポート

光GENJI St.Valentine's Day Eve in日本武道館(バレンタイン握手会)1994/2/13開催 AM11:00(または9:54)〜深夜23:00頃

まとめて、光GENJI関連レポート読みたい方は、こちらから

毎回更新が楽しみな山本淳一くんのMY STORY!

山本淳一公式サイト/「地方プロモーションの思い出」(2007.6.6)

今回の更新は、光GENJIの地方プロモーション話と大雪の日におこなわれた光GENJI7人そろっての握手会。
今回は、山本君のMyStoryに書いてあった1994年2月13日に開催された 『St.Valentine's Day Eve in日本武道館』の握手会について語ってみます。
このビッグイベントは、メンバー全員と握手のできるチャンスといううれしさとともに、交通手段が大変&屋外での待ち時間がつらかった大雪とういこともあり、私の中では”おもいでのイベントBest3”にランクインするイベントでした。
友達が大雪に巻き込まれちゃって、京都〜名古屋間が6時間程度かかったり、大変だったんだよなぁ。交通関係の問題で来れなかった友達も。
(イベントから13年たちましたが、改めて光GENJIメのみなさまと主催者のみなさまに感謝してます♪)
一般人の私には、淳君のMY STORYに書いてあった”手が腫れる気持ち、指紋がツルツル”になれる握手の経験がないから分からないけど、3〜4時間で人の手って腫れるんだなってびっくり
ファンはうれしさのあまり手をギュッギュッにぎってくるもんねぇ〜。
もし、今度握手会に参加することがあったら、ソッと手を添えてあげるだけにしようとおもいます。
前置きはさておき、この握手会、まじでハンパではありませんでした。
イベント会場は収容人数のすごい日本武道館、そして人気絶頂の光GENJI、ファンは何度でも握手したい気持がある!さて、想像してください。何時間握手したとおもいます!!

バレンタイン握手会関連のグッズです
入手元は、 イベント参加時いただいたものなのか、それともバレンタイン握手券がついていたCD購入時にいただいたものかは、記憶があやふやになってしまいました。
大きさはA4版で、薄手の用紙。

3/4がメンバーのかっくいいポーズ写真で、1/4にはメンバーのサインがコピーされていました。

当時のレポメモ書きによると、午前10時スタート。終了したのは深夜23時(驚)
(でも、翌日新聞には午前11時とある。んと、きっと新聞記事の時間???えっとどっちが正しい開始時間だろ・・・。まぁ午前中にはじまったということで!)
12時間労働の握手会ですよ。流れ作業がおこっても仕方がない握手会。
でも、メンバーは笑顔で一人ひとり最後まで丁寧にやってくれた握手会でした

コンサートホール検索はこちらから

大雪にも負けず、光GENJIもファンも楽しんだ12時間の握手会

握手会当日、窓を開ければ銀世界。大雪でしたぁ〜
でも、雪にもまけず目指せ!日本武道館!!!
意地でもたどりつくぞと気合のはいった仲間10人。
ってわけで、イベント開始時間前には無事到着。さて、到着したのはいいものの・・・
屋外で雪の積もった中待つこと最低2時間はあったとおもう。( 当時の雪景色写真がどこかにあるはずなんだけどなぁ〜みつけれず)
当時の握手会掲載新聞記事を読み直すとこう書いてある
”始発電車の到着と同時に、武道館には続々とファンが並び始め、午前11時の開始時には約1万人が会場を取り囲んだ。”
ですよねぇ・・・私はさすがに始発には乗ってないため、すでに会場はファンで埋まっていました。それも、時間ごとにファンの数は増える一方で、開始時間とともに会場に入りきれないファンもいましたから。さすがの武道館も約6万人は収容できませんし
ってわけで、握手会はファンを入れ替えで行われ、メンバーは12日に降った大雪が残るなか順番を待つファンに握手と笑顔でこたえてくれた
深夜23時まで続く12時間にわたる握手会です

さて、自分の記憶とレポのメモ書きとファン友の手紙をよみなおすと、”13時にやっと会場に到着したよ。でも、午前中にスタートしたみたいで、すでに1回目の握手をすませた人が2回目を並んでいた。きがついたら会場へ入場できたのは16時だったんだよぉ〜。でも、入ったとたんに『2・5・7』が流れていて、和己くんが歌っていて〜”って書いてある。
あの寒い中、屋外で平均3時間待ったりとか、寒さにもマケズ2度目を並んだ人がいたんだとか本当に寒さと楽しさが入り乱れるイベントでしたよね・・・・参加されたみなさまあれから12年たちますがお疲れ様でした。そして楽しかったイベントでしたね。

 ”今日は長い1日になりそうだ”「12」〜プロローグ〜

って、ジャック・バウアー風に書いてしまったわけですが・・・・ほんとぉに淳君も手がはれたと書くほどのビッグイベントでしたよ
日本武道館内は、テレビで目にするより広かった。そして、席からはメンバーはすごく遠かった。
さぁて、私が陣取った席は、メンバーを右手にみる2階席。列はあやふやだが10列目程度!?
距離は遠かれど、双眼鏡ごしに見えるメンバーの表情は笑顔だったり、かわいらしいしぐさのメンバーを見ているだけで本当にうれしい♪そして握手できるということもあり、ワクワクモードとともに距離感を一番近くかんじたイベントのはじまり♪

武道館1階平面ステージ上。そこにはいつも存在するはずの円周ステージがない。
そして、登場した光GENJIの足元にはローラースケートが見当たらなぁい
だって、今日は大好きな光GENJIへ思い思いの気持ちをこめたチョコをファンがプレゼントする日だから♪
ビッグイベント握手会!!!

では、あなたを1994年2月13日の世界へお連れしましょう(私の文章でタイムスリップできるならだけど・・汗)

光GENJI バレンタイン握手会 本編

さて、『24-TWENTY FOUR-』で活躍中のジャック・バウアーも真っ青の!メンバーの手が腫れ上がる12時間握手スタート
もし、バウアーが24時間という緊迫した時間を、ファンとの握手に切り替えるとしたら・・・彼はどちらの道を選ぶだろう・・・
CTUそれとも武道館???

これからどれだけの握手をする事になるのか、メンバーは想像していたでしょうか。
武道館会場2・3階客席を埋め尽くすファンの数(3方向のみ。1方向はメンバーの背中側にあたるため使用せず)。
そして、1階には、ファンの行列を整列するための柵またはロープが設置
その整列位置脇には、白い布をかけられた縦長テーブルが設置
このテーブルをはさんでメンバーと握手できるんだなとわかる配置がしてある
テーブル後方には、メンバー登場するであろう扉が!!
扉とテーブルの間には、ファンからのプレゼントを運ぶための荷台やコンテナ。各メンバーの名前を貼ったダンボールもたくさん用意周到

イベント風景参考資料:光GENJI会報 1994 NUMBER 40 HIKARU GENJI

扉が何個かあったため、どの扉から登場だぁと目を泳がすことしばしば
(私のメモ書きによると、9:54登場。でも、翌日の新聞記事では11時スタートと。もしや1時間ずれて覚えているのかも。 可能性として、新聞記事のほうが正しいかな!?でも、今回は最後まで私のメモとった時間にあわせてレポします)
9:54登場 左手または中央付近の扉だったと記憶するが、メンバー登場!と同時におきる歓声!
はい、くるくるドライヤーの威力も発揮して、見事に髪の毛きまってましたよ!アックンは帽子かぶっていたからわからんけど!
コンサートの爆発音そして音楽もないため、ファンの歓声がやけに直接耳に突き刺した始まり
メンバーが扉から登場して3〜5m歩くと、テーブルが配置された位置。

(進行役の女性)「では、一言ずつご挨拶をしていただきましょうか」
諸星「北海道のみなさんこんにちは。北海道は雪がすごいですねぇ〜」←とスタートからぼける和己 。
挨拶しつつ、諸星は両手でカイロをモミモミ。だって本当に寒かった。
この時期って、諸星君は茶色の洋服がすごく多かったという記憶が!?(記憶違いかなぁ・・・あいまいでごめん)
諸星「昨日、僕のマネージャーがスピード違反でつかまったんですよ。雪の中どんなスピードだしてんだよ!すごいでしょ!」
(※東京では、25年ぶりの大雪。昨夜から降りつづけた雪はほんと大変だったそうです)
諸星「そんな中来てくれてうれしいです。たくさん握手します。
カツラがとっても似合う内海くんはいませんが、あ!後で来るのかな?(と、ほんと予定知らなかったのかな?)
+++たしか、ここで諸星が進行女性に内海くんの今日の予定かな?で、話をふって女性が少々しゃべっていました+++
(進行女)「みんな、ほかの人の声もききたいよねぇ〜」
諸星「じゃ、俺の声は聞きたくないってこと!!??(笑)」
(進行女)「わたしの声きいても仕方ないってことでしょ!!」
諸星和己「(明るく冗談ぎみに)くそばばぁ〜」で、すいませんすいませんって女性の方に頭ペコペコ。
大沢樹生「今日は大雪の中みなさん集まっていただきありがとう。バレンタインイヴということでしっかり〜(〜のあとは、楽しんで帰りましょう的な流れ)」
山本淳一「イエェーイ!元気ぃ!!雪の中どうもありがとう。楽しみましょうっ」
佐藤寛之「チェックチェックアーアーマイクのテスト〜。おはようございます。今日は来てくれてありがとう。僕は昨日雪の中、車が動かなくなって、夜に除雪作業をしていました。手がガサガサだけど気にせず握手してください」
赤坂晃「応援ありがとう。内海君は跡で駆けつけてくれますので、時間たっぷり楽しんで帰ってください」
佐藤敦啓(アツヒロ)「みなさんいろいろありますけど、何があるかわかりませんが(笑)」
↑諸星のツッコミが!山本もどういうことみたいなリアクション!
敦啓「しかーしそんなことはない!ここに来たら怖いものはない!ここに核爆弾が落ちても、私たちは助かるだろう!時間の許す限りみなさんとご一緒します」
(進行女)「というわけで、ご挨拶してもらったわけですが〜」と、メンバーは一度扉の向こうへ退場(AM10:00)

登場からイベント中もそうだったけど、やけに山本君と寛之君の仲よさげなシーンをたくさん目にして、ほほえましかったきがした(あくまで私の感想)

再び、『♪リラの咲く頃バルセロナへ〜』と会場中に流れるCD音にのせ、光GENJI登場
早速、握手会スタートです

メンバー整列は左手から
佐藤敦啓(アツヒロ)→赤坂晃→諸星和己→佐藤寛之→山本淳一→大沢樹生
(※内海光司くんは、舞台『たそや行燈(あんどん)』(2/2〜2/27)ため、途中から参加)

握手時には、流れをスムーズにするためファンの後方に位置するスタッフ。このスタッフの数多すぎなんじゃぁ!!
これはきっとタイミングによってはスタッフに押し流される可能性大!
下手するとメンバーと握手できずに流されてしまう可能性が!!!きをつけなきゃと頭におきつつはじまる握手会。
普通の握手もあれば、お子さんをお持ちの母親が頼んでいたんでしょうね
淳君が子供をかかえてまわったり、樹生くんは子供を肩車して、クルっってまわってあげたりかなりの大サービス!
さて、握手が約1時間すすんだところで一度メンバーは休憩ということで会場から去り、(11:05頃)
でもでも、サービス精神旺盛な諸星君はすぐ出てきてくれて、会場に流れるCD音「♪Bye-bye Bye-bye Bye-bye Bye-bye!」にあわせて、諸星「バイバイ(笑)」っていってみて、会場から「えぇぇっ」っていう言葉かえされてたり
5分の休憩を終えたメンバーも出てきて、再度握手会続行
(11:45頃〜12:10)30分休憩のため、再度会場を去るメンバー
12:10 メンバー登場ととともに、会場のファンから♪ハッピバースディトゥユー〜コール
2/28が誕生日である山本君がテーブルの上にのぼり、諸星君がファンの声とともにマイクを通して”ハッピバースディトゥユー”と大合唱
山本「ありがとう」
諸星「これやっておかないとうるさいからよ(笑)」
というほほえましいシーンもあり、再度握手開始
12:25 諸星、マイクを片手に「♪やさしさに乾杯 誰かが君の〜」と歌いつつ、片手のまま握手は進行中!
13:20 再び握手休憩。でも、諸星以外は会場にいてくれて、進行係女性と会話で楽しませてくれました
(進行役の女)「本物の亀、届いてましたよね?」
山本「カメ?」
(女)「そうなんですよ、大きいですよ。どうしますか?」
山本「オタッキー山本は飼っちゃうかも!」
(女)「いっぱい届いちゃいますよ。どうやって運搬しようかとおもって」
山本「どうしよっか(w)」
寛之「あっ!一言いいたかったんだけどペットで思い出した。『笑っていいとも』(平成6年/1/25放送分)見たら、(山本君が)ペットのお話していて、俺いつザリガニ飼ってたんだよ!!!(可愛いかんじの言い方で)こんにゃろっ」
山本「(これまたすごぉく可愛く笑顔で)ごめぇぇぇん!」
+++とペット話の中、おっとここでハプニング!!!敦啓あてプレゼントのダンボールから諸星がお菓子をパクリ+++
(進行女)「いいんですか、それアツヒロさんのですよ」と多少困惑を!?

14:20
山本《♪ピカピカのアメ車で〜》と歌いつつ、テーブルの上で踊り続きをうたう諸星
(テーブルから降りた後、自分がたった位置の汚れをきちんとはらっている和己がいましたよ)
とおもえば、諸星のマイクは赤坂に渡され《♪あいつはいい女だ 体もセクシーで〜》”今夜はあいてるかい?”だっけ台詞の部分は軽くとぼけて言わず・・・んんっ聞きたかった
今度は大沢が《♪〜通り過ぎてく》→山本みたいなリレー形式な歌い方を!

会場に流れ始めた『2・5・7』とともにマイク片手に唄い始めた諸星和己
《 ♪Are you ready love again〜》からはじまり、まる1曲ほとんど歌っていたっけ。
《 ♪Hey New york〜》の歌詞部分では腰をまわし踊ってみたり!!!
諸星君は、マイク片手に唄いはじめることがしばしばあったが、この曲 『2・5・7』はリズムテンポがよく、リズムにつられてファンの握手できる時間もなにげに早くなっていたねぇ。このとき、私は今回の握手会の中で一番握手時間が早い瞬間を目にした気がする

さぁて、握手の順は、2、3階ともにブロックごとに。別に順番が決まっているわけでもなくたとえばA→D→Bブロックなど適当だったよね!
私が座っていたブロックは結構早めまたは中盤に整列して下さいコールをされてしまった。(多分、16時くらい?)
でも、内海君がいませんのぉ!!!って泣きながら他ブロックを渡り歩いた記憶がある。
さて、一緒に参加した内海ファン以外は素直に握手してくるって整列。でもでも、
わざわざ九州の片田舎から足を運んだのに内海君と握手できないなんて”冗談じゃない
このままじゃ、悔いが残るとウッチーファンと一緒に会場内を、整列から逃れるために他ブロックへ移動しました(苦笑)
ウロチョロしている人がほかにも・・・。同じ考えをしいているウッチーファンがいた。そりゃそうだ!!

さぁて、そう逃げまくる中テレビそして新聞取材班が扉の奥から続々と。
ってことはぁ、内海君抜きで取材時間になるわけがなぁい!!心臓バクバク。顔はニンマリ
そして、一度楽屋でひっこんでいたメンバーが登場
(時間的に16−17時だったかな?うれしさのあまりに、記憶があいまいですが、そこまで遅い時間に登場ではありませんでした)
”くる、きっと来る〜”って、サダコじゃないけど、内海光司登場を願って一点凝視
山本君そして大沢君赤坂君そしてジャージ姿の内海君キタ−−−−!!!
手作り巨大紙製マイク(!?に見えました)をブンブン振りつつ(笑)、そして待たせたねってかんじでちょっと会場中央まで歩いてみたり♪
内海君の姿見た後は大喜びのあまり、あとのメンバーの出順忘れました(汗)
忙しい中、内海くんが舞台から駆けつけてくれたんです。
さて、やっと7人そろいましたよ。
翌日放送のためのワイドショーのテレビ取材がテーブル脇ではじまります。(※1 放送されたワイドショー番組名は、下記参考に)。
さぁて、取材直前のメンバーの表情は、いつも満面の笑みをくれる光GENJIをおもわせないほどの(え?どこみてるの?的な)疲れ具合の表情でした。 でも、それは人間誰だって仕方ないこと。ファンサービスとともに時間もたっていたし!だから、がんばってくれているメンバーに感謝しつ見ていた。
ただ、大丈夫かぁ、そのお疲れ表情で挑むのかとおもいきや・・・カメラの前に立てば200%の満面笑顔。これぞスーパーアイドルという切り替えの瞬間だったね!!

さぁて、取材時のメンバー立ち位置は

客席向かって左手から 赤坂、山本、敦啓、寛之、大沢、諸星、内海

客席に背中を向ける格好でおこなわれた。
握手時に使用するテーブルをはさみ、つまり客席と取材陣が対面している状態である。

諸星「雪の中集まってくれてありがとうございます。今回は4トントラック45台。集まってくれたお客さんは約6万人」など
内海「みなさん大変ながらくお待たせしました。交通の悪い中駆けつけてくれてありがとう。今日は諸星がいない分がんばります。(とここで、横にいる諸星をみて)あ!いたの!?(笑)。」
諸星「おまえが来る前に2万人と握手やったんだよ!」
内海「でも、これからが本当の握手会です。2階の人もうすぐですよ。3階の方、落っこちないようにね。すぐそこたちの君(=1階で整列している人)待っててね」
諸星「質問でも公開ともぜんぜん違うし!」
取材班「プレゼントの中で変わったものは?」
「『ストップザエイズ』キャンペーン時期で、コ○ドー○とか」
諸星「ありがたく使わせ、いやいや(笑)」と内海からつっこみ
山本「握手の時に、手の中に忍び込ませていたりね」
諸星「よろしければ、(コ○ドー○)お持ち帰りに(笑)」「あ、○さんはもういらないか」とか
テレビ取材が終わると、光GENJI7人そろっての握手スタート。
内海君はなんと最初!!それってなんかいきなりでドキドキじゃん!!

内海光司→佐藤敦啓(アツヒロ)→赤坂晃→諸星和己→佐藤寛之→山本淳一→大沢樹生

さぁて、内海君を2階から30分そして1時間堪能後、1階のほうでやっと整列しました。
さて、整列ブームでは、30ほど並んでいたかな。ドンドンメンバーが近づいてくるわけですよ!!!
とともに、緊張感が増しちゃって!!! 握手した瞬間の想い出は、内海君に関しては本日1人で握手できるということ、そして
ドキドキとうれしさのあまり、握手した記憶がぷっつりと削除(泣)本当にいっつも肝心な部分の記憶がないんだから!
ほんと舞い上がると記憶がぶっとぶのはなんでだろ・・・ね(笑)
でも、メンバー全員と目をしっかりあわせて話すことができたはず。
握手しながら、山本君のアピアピ光線ってすごいのかなぁとか、ヒロくんの今日の手は本当にガサガサしてるんかなぁとか、樹生の目で殺せ光線はどんなかんじなのかなぁとか考えつつの握手は、7人あわせて30秒〜1分。
スタッフにおしやられることもなく、いいかんじの流れで握手できちゃったもんね♪

ってわけで、本日心おきなくイベント参加できました。以上『St.Valentine's Day Eve in日本武道館』の光GENJIイベントレポートでした。

番外編☆メンバーになんて声掛けた!?ファンの声

さぁて、内海ファン以外の友達は先に帰宅したため、合流して本日のイベント話で盛り上がった
今日はなんて言ったのぉ??
”○くんにあえてうれしい”、”○くん、かっこいい”、”淳くん、広島から来たよぉ”とか。
1/19に広島でラジオ『歌謡ヒットチャート』に出演した山本くんが、ラジオ内で「”(握手会では)淳君、広島から来たよ”って言ってください」と話していたからとのことで、とくに淳くんは広島から来たよの言葉をたくさんいただいたかもね!!?
ほか、”○○って呼んで”はい、もうこれは絶対お願いしちゃいますよね。記憶がさだかななか、私もお願いした記憶が(汗)
”ほっぺor頭ポンポンして”←これは、友達の友達がお願いしたら、さすがに”それはごめん、できない”って断られたとか。でも、最高の笑顔をもらったのでごきげんさまだったとか!!!
私はほんと何も考えれないから一般的な言葉しか伝えれないままでした。楽しみにしてましたとか、基本はがんばって下さい。 かな

最後に・・・・

メンバー7人との握手平均30秒〜1分!このかけがえのない想い出が今でも大切です。
好きな人からの『がんばってね』の一言は本当にいつまでもがんばれます。
きっと、今でもメンバー愛のためなら、金もかければ何時間でも待ちますわ。
光GENJI 1987年にデビューをし、今年で20周年かぁ〜。
万が一・・・絶対ないけど再結成されるもんであれば、なにがなんでも参加します!!!
最後に、12時間労働握手を開催してくれたこと、今でもメンバーにはすごく感謝しています。
もちろん主催してくれたジャニーズ事務所にもね♪
長文をよんでくれたみなさまありがとうございました。
よろしければ、下記のほうで、コメントあわせて相互リンク依頼もうけつけてます

【翌日 2/14に放送されたニュース番組】
【ビッグモーニング】光GENJIバレンタインデー〜
【モーニングEye】〜バレンタインデー前日5万人とアツアツデート〜
【おはようナイスディ】バレンタインデーに悲鳴トラック45台分のチョコに光GENJIファン殺到〜
【タイムアングル】光GENJIチョコにトラック45台分〜
【スーパーワイド】〜芸能フラッシュ・トラック45台分チョコレート〜

光GENJI出演ニュース番組一覧表

【掲載新聞】 最低3誌は掲載あり。
掲載内容@ 今年も4トントラック45台分のチョコレートが届けられた。 メンバーたちは「毎年ありがとう。僕たちもうれしいけど、虫歯にさせないで」とうれしい悲鳴
詰め掛けたファン6万人と10時間かけて握手をした。 BRAVO!Nipponm!〜雪と氷のファンタジー〜」は、リレハンメル五輪の”がんばれ!ニッポンキャンペーンイメージソング
当時、スキー複合の荻原健司選手と仲の良かった諸星和己が、メンバーを代表して「金メダルをとると信じているし、試合の前に激励の電話でもしたい」とエールも記事になっていた
掲載写真はチョコレートの山に、埋もれる7人

掲載内容2〜バレンタインにコンドーム・スッポンまで 諸星にビックリプレゼント!
4トントラック45台分のチョコレートを披露。25年ぶりの大雪から一夜明け、交通状態が悪いにもかかわらず、午前11時までの開場に1万人のファンが行列をつくる。夜までに6万人が握手をし、チョコのほか酒、コ○ドーム、スッポンなどをプレゼントする女性ファンも見受けられた。
リレハンメル五輪選手団に向けてエールをおくった
掲載写真:チョコの山で大の字になる諸星和己&ファンからいただいたチョコを公開した7人

掲載内容3 光GENJI握手会に女性ファン6万人も!チョコの山に囲まれて「虫歯にさせないで!」
始発電車の到着と同時に、武道館には続々とファンが並び始め、午前11時の開始時には約1万人が会場を取り囲んだ。
ファンの数は増える一方で、会場に入りきれないファンまでになり、約6万人に膨れ上がった
握手会はファンを入れ替えで行われ、メンバーは12日に降った大雪が残るなか順番を待つファンに握手と笑顔でこたえてくれ、 夜23時まで握手会は続いた。
バレンダインのビッグイベントに、おもいおもいのチョコをプレゼント。 大沢「糖尿病にならないようにしたい」 この日までに前年に比べて20トン増しの4トントラックで45台分=200トンのチョコが全国のファンから届けられた
3/22からはじまる諸星の初ソロ公演には「成績にかかわらず、荻原選手を招待したい」と語っていた。 掲載写真は、チョコに囲まれる7人(記事2と同じ)

posted by 光GENJIらぶりぃ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 光GENJIイベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1993年10月16日

赤坂晃「日本全国7,777km大走破キャンペーン(鹿児島)1993/10/16

光GENJIおもいでレポートです。私が友達にレポートしていたメモ書きなどです
よって、たまに過去形と現在形が入り乱れてる部分があるとおもいますが、当時の気持ちになってよんでくれたらとおもいます。

赤坂晃「日本全国7,777km大走破キャンペーン」(鹿児島 山形屋2号館屋上イベントスペース/1993.10.16(土) 15:00〜1部)


やっと実現した、赤坂晃の握手会。
10/16、鹿見島の握手会行って来ました。
晃を応援しにきているファンは、およそ1,000人\(^o^)/

2年連続で中止だったこともあり、多少季節はずれの握手会。
握手もすごいゆっくりで警備員もあまり厳しくないの。
晃くんも怖いくらいにすごい機嫌いいし、天気もいいし。握手の時、
絶対首にモノをかけられたらいやがるかなと思ってたけど、客席からみていると
ファンのこのために自分から首をさしだしてくれたりしてたんだ。ビックリしたぁ。やさしいね

コーナー的には、お決まりの『光GENJIカルトQ』と『質問コーナー』。
質問大会では次の計6問が晃くんに投げかけられたんだ。

1.ミュージカルに出る予定は?
⇒ミュージカルはないけど、映画“極妻”と来年始まるドラマの撮影のため
ロスヘ11月の1ヵ月間行くことを教えてくれたよ。
だから、役作りのためか!?髪の毛の茶色っ毛がなくなったよ

2.オフの時は何してる?
⇒『休んでる』の一言。

3.メンバーとケンカしたことある?

4.しいていえば、メンバーの中で嫌いな人は? 

5.ワイワイホリデーを歌ってほしい。
⇒僕、この仕事むいてないのかも、とか、歌詞覚えてないとか言って絶対歌ってくれなかったの。
アカペラで聞きたかったな。

6.好きな人いる?
やっぱりファンとしてはヽ特に3、4、6の答えが楽しみだよね
でも、安心。ケンカは敦とはののしりあいってかんじで、
淳とはしたことなくて、
ただこの発言“怖いなっていう人は”ヒロくん”には一斉に会場全員がドキッとしたようでした!!
まっ、どうしてなのかは晃『怒ると黙りこむんですよね、彼は。だから、こっちが何か悪いことしたかなって罪悪感におちいるんですよ』
だって。ほっとしました。なるほどね

嫌いな人は?
晃『しいていえば、別に嫌いとかそういうんじゃなくってヽ話しずらくって、見ててあぁって思うのは内海くん。
別に仲はいいですよ。こまかすぎるんですよ.それに漫画が妙にうまいところが腹立つ‥・』みたいな(笑)。
別に感情的に嫌いって言ったわけじゃないし、ホントに仲悪かったらこんなこと言えないしね。
ファンの子バカ受けしていた言い方でしたよ。

好きな人は?
「恋愛感情抜きで、憧れてる人で好きな人はいっぱいいるよ。」
とうまくかわされてしまった。
ファンの子が突っ込んだんだけど、司会者の人がさっさと先に進めちゃったの。聞きたかったなぁ。

クイズ大会もファン迫熱の大盛り上がり

“今までのシングル合計枚数は?”
“メンバーの中でない血液型は?”
“今までの曲で好きな曲は?”の3問。

好きな曲はその時の晃くんの気持ちだったんだけどヽほかの2問は簡単だった。

残るはいよいよお待ちかねの握手会なっなんだけど、もうドッキドキ!
握手会に入る前に、晃くんは一度ステージ裏にひっこんで準備を。

この間に、取材雑誌がはいっていて、ファンの子をバックに写真撮影しました。
私は7列目だったけど、握手してる途中で記念撮影あって結局後方にまわされたのでうつってません。
なんたらかんたらで17:30くらい(だったかな!?)に無事握手会も終わり、晃くんは会場を出てテレビ生放送のためテレビ局へGo!! 

18:30〜19:00放送の鹿児島放送『なまいきボイス』って番組に10分くらい出演したって聞いたんだけど‥・。
ともかく、テレビに出演しました。
時期はずれのキャンペーンだったけど、最高の一日。
この日の服装は、黒のズボンにセーターっぽいやつ。
握手の時には、テーブルの上にジョージアのモカブレンド(青のやつ)が置いてあったよ。
で、握手の途中で一回引っ込んだんだけど、
(晃『僕ももうハタチですから、体がもちません』みたいなこと言ったんだ)
友達が言うに2回目出て来た時にはピアスしてなかったんだって。



知り合いがイベントでもらったポスターです

posted by 光GENJIらぶりぃ at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 光GENJIイベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1993年08月06日

1993年の内海光司にあおう!Boys in Augustイベント編

※光GENJIおもいでレポートです。私が友達にレポートしていたメモ書きなどです
よって、たまに過去形と現在形が入り乱れてる部分があるとおもいますが、当時の気持ちになってよんでくれたらとおもいます。


内海光司「日本全国7,777km大走破キャンペーン」
(兵庫県神戸市 西神南駅セリオ・光の広場【兵庫県神戸市】/1993.8.6(金) 10:05 12:10)




デビュー7年目を迎えた光GENJ。
今年も恒例の握手会がやってきました\(^o^)/

今回私が参加したのは、8/6の神戸でやった内海光司くんの握手会です。

軽く当日のレポートします。
この日はオープニングから会場は約5,000人のファンで盛り上がってます。
そりゃぁ、大好きなキノッピーが目の前に登場するんだもん♪
盛り上がらなくてどうするよ!!というムードムンムン。

盛り上がりまくりの中、光司くんは・・・・・・あんぐりしたね、ま・じ・で!!

SAY’Sの『♪WE ARE THE CHAMP』の曲にのせ、
かつらとヒゲ姿!!!???あんた誰???
Jリーグ・ヴェルディ川崎のラモス選手!!!まじぃ!ゲスト!!んなわきゃない。
内海さんいきなり変装で登場ですか・・・
サングラスはずして、帽子とっての声援はよくきくけど、今日はかつらとってって叫ばなあかんのかい!

本当は、アルシンドのかつらで出て来たかったのかな・・・。
でも、楠のだんなのかつらもいいけど・・・
ラモスも似合ってたよ\(^o^)/

しかし、あの格好のままで最後までやられたらせっかくの光司の顔が見えないところだったな。
良かった。


さて、本題のイベント内容は、質問大会・クイズ大会・握手会。


●質問大会
1.あのチビッコの中に光司くんの子供がいるって本当ですか?
(あのチビッコ=多分、ポンキッキのことだったような・・・!?)

2.今日のパンツはどんなのですか?
光司くん、この時自分のズボンの中を見て答える所がかわいかったな。

3.今までの自分達の歌の中で好きな歌は何ですか?
など。

●クイズ大会
1.光GENJIの年齢の合計は?
2.7枚目のシングルは?(太陽がいっぱい)
3.僕が小学五年生で連載しているコーナーのタイトルは?
4.SAY’Sの曲『♪WE ARE THE CHAMP』で♪オーレは何回繰り返す?
5.光GENJIは今までに合計何枚のシングルを出した?
の全8問。
ほか3問は常識問題でした。

特に、4番の問題は難問だった。なかなか当たらなかったよ。
4番の正解は、このレポートの一番最後に記載しておきます。
きになるかたは、考えてみてください。

この日は小学館「小学五年生」からも取材が来てました
(※当時、内海くんが連載していた書籍です)

楽しかったイベントも終わり、とうとう最後のお別れの握手の時間・・・・。
結構アッという間で、やだやだ帰りたくないの状態でだだをこねてみる(笑)
握手の時、目の前にしたらあぁ恥ずかしくてみれません・・・・。まぁチラリ見ってやつ。
本物の光司君は、ブラウン管で見てても”ほっせぇなぁ”って思ったり
実物はもっと痩せていて、でもでもそれはそれでおいといてむっちゃかっこよかった
好きな人をかっこいいとおもうのは当たり前。
当時のわたしの王子さまでした(^_-)-☆



ほか、ジャニーズ情報や遊んで帰るならこちらにも立ち寄ってみる?

オーレの回数の正解は下にスクロールしてね



















オーレの回数の正解は”68回”でした
posted by 光GENJIらぶりぃ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 光GENJIイベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1993年05月03日

"HIKARU PARTY"in 東京プリンスホテル(内海光司・大沢樹生)1993/5/3(ダンス:TOKIO/赤坂晃,東山紀之

”HIKARU PARTY”in 東京プリンスホテル(内海光司・大沢樹生) 1993年5月3日(月)14:00〜
ダンス:TOKIO/特別ゲスト:赤坂晃(光GENJI)、東山紀之(少年隊)

たった1度きり開催された「光ディナーショー」なつかしのおもいでレポート

HIKARU PARTY”in 東京プリンスホテル(内海光司・大沢樹生:光GENJI)

↑こちらは、光ディナーショーのチケットとなるポストカード(表側)である。裏側は下記写真↓

久々の光GENJIおもいでレポートです。
こちらの『HIKARU PARTY”in 東京プリンスホテル(内海光司・大沢樹生)』をお読みになる方は、当時の光GENJI世代にタイムスリップしていただき読んでいただけたらなによりです。

HIKARU PARTY”in 東京プリンスホテル(内海光司・大沢樹生:光GENJI)
今回の『光ディナーショー』チケット金額は、びっくりの35,000円

もう、どうよっ!
この金額だすなんて、わたしの内海くんへの愛が伝わるでしょ(えへん)






ディナーショー当日の気持ちは”最高”これ1000回叫んでもたりないくらい。
目の前に愛しのプリンス”内海光司さま”がいるんですよ。最高じゃないわけがない!!
でも、ちょっぴり残念だったことは・・期待しすぎた整理券74番の数字(写真右参照)。
内海くんと大沢くんが目の前のはずなぁんて喜んでいたら・・・実際は後部それも一番右端・・とほほ。
でも、愛しのパワーは席が遠くても、しっかり笑顔はみてきたのさ (#^.^#)

さて、私のことはさておき、ディナーショーの内容について書いちゃうね。

本日のディナーショーのお客さんは690人。
(うっすら覚えだけど、約20倍以上(いやもっと)の当選倍率だったきが!!)
光ディナーショー会場である”東京プリンスホテル 鳳凰の間”にセッティングされた丸テーブル。
1テーブルごとに6人程度のファンが座り、適当におしゃべり中。
「誰ファンですか?」という会話の中、内海光司ファンメインのテーブルみたい。
だから、内海君がたくさん来てくれる側なのねって勝手な期待大・・・・
そして、はじまるお食事タイム。

お食事タイム。今日のメインデザートは内海光司・大沢樹生!?

お食事メニューは控えていなかったようである。
ただ、 デザートタイムにだされたコーヒーがすごく苦くて「・・・」って顔になったことだけは印象的。
今おもうと、そのコーヒーはエスプレッソきがする。だったのかも。

デザートタイム時に、白い衣装につつまれた内海光司君が登場。 そして、続いて大沢樹生くんも登場。

内海君と大沢君による短めの挨拶があり、キャンドルサービスへ

メンバーが叫ぶ!?お触りタイムの『キャンドルサービス』コーナー

ステージ向かって左前テーブルから内海くん、右手後方テーブルから大沢くん登場!

2人が、各テーブルを回ってのキャンドルサービス。 私のテーブルは後方右手だったため、大沢くんがテーブルへ来てくれちゃいました(ドキドキ絶頂!!!)。

大沢「今日はどうもありがとう。火をつけさせてもらいます。」

そして、その樹生の立ち居地が、私の真横右(うひょぉ!!)
キャンドルに火をつける時に、大沢くんは前かがみしてくれるからもうドアップもいいとこ。 目の前30cmに大沢君の顔があるんですよぉ!!! さすがテレビの中の人。顔は整っているし、樹生に”目で殺されちゃいました”

大沢「今日は楽しんでいってねぇ」と次のテーブルへ。(はい、もう十分楽しみすぎてますからぁ!!)

そして、あとは本命の内海くぅんを待つばかり。
樹生は右後ろから、光司は左前のテーブルから順じ、横移動しつつのキャンドルサービス。
ドキドキまだかなぁ〜と待ちつつ、光の2人はキャンドルサービスしつつ、トークでも盛り上げてくれましたよ。

内海君は、しきりに「みなさん大沢の目を見ちゃいけません。目で殺されますよ」
内海「あ、お嬢さんハンカチが落ちてますよ」と床に落ちているハンカチを拾ってあげたり(笑)
それから、プレゼント直接手渡しあり!握手あり!触りまくりぃ!

その盛り上がりの中、内海君のお尻を触るファン(驚)
内海「みなさんお尻は触らないでください」と注意しつつ、会場バカウケ。
樹生のほうも触られまくりの中、「みなさん僕も一応男の子ですから」とこれまた会場大バカウケ。
触られまくりかとおもえば、今度は大沢君がファンの子と(驚)!!!
樹生がキャンドルサービス中のテーブルでひときわ目立つ真っ赤なドレスの女の子。
いきなり樹生がその彼女を席から立たせ、肩を抱き
大沢 「このドレスを見てください。気合がはいってますね。借衣装でしょう」って(笑)

と、キャンドルサービスが進む中、”あれ?あれ?あれ?内海くんはぁ???”って、
そういえばキャンドルにはすでに火がついているから・・・ということは・・。
キャンドルサービスは1テーブルに内海君か大沢君のどちらかなんだよね・・・(がっくり)
と私はおもったんですが、いやぁファンはさすが考えますねぇ〜。
『火消しちゃえ』!!!おおおぉ!!!
火がついたテーブル=メンバーはテーブルに来ない→火を消す=メンバーが来る。大沢?それとも内海? ってわけで、火を消して『内海君、こっちこっち火がついてないよぉ〜』
しかぁし、内海くんの姿は、遠くのテーブルに。テーブル全員で叫んだけど声は届かず。
そして、ほかのテーブルもみていると火を消したりと同じことを考えていたりするね(笑)

あるテーブルは、火がなかなかつかない=メンバーが長くテーブルにいてくれる→キャンドルを水でぬらしちゃう!! 戦法を使ってましたよ。

大沢くんは、なかなか火がつかないことにきがついて、その場できがついてふきだしちゃって
大沢 「まったく君たちはぁ」(微笑)

結局、内海君は私のテーブルにキャンドルサービスに来なかった・・・。
ってわけで、キャンドルサービス終了

TOKIOも駆けつけ、光2人のミニライブ!

ミニライブのコーナーでは、TOKIOが駆けつけダンスを披露。
(ただし、TOKIO全員はいなかったような・・後日調べておきます。)

正面ステージを降りて、テーブル間を唄いつつ全テーブルをまんべんなく移動。
なんと普段はありえない写真撮影もOK!そこでパチリと数枚激写。
もうすごぉいいいかんじにとれた写真が今でも宝物♪
(この「"HIKARU PARTY"in 東京プリンスホテル」写真は、ジャニーズ事務所でも販売されました)

♪聖なる夜に愛をこめて
♪AND I LOVE YOU
♪Groovin' Night
♪PENTHOUSE WEDDING
♪COCORO
♪笑ってよ
♪DANCE ALONE
♪PARTY
♪大沢ソロ
♪内海ソロ
(曲順不同)
ノリノリの曲ばかりをあつめた全10曲を披露

『PARTY』は、光司君がディナーショー参加者のためにと作曲してくれた歌なんです。

光への質問コーナー

本日のPARTYについてや、入場前に書いたアンケート用紙の”2人に聞きたいこと”から2人が質問を選択。 HIKARU PARTY”in 東京プリンスホテル(内海光司・大沢樹生:光GENJI)鉛筆
↑アンケート用紙とともにいただいたPARTY HIKARUロゴ入りの水色鉛筆(キャップつき)。

1.どうして、大沢君はいつも怒っているんですか?

内海「普段はやさしいですよ」としきりに何回も言っていたよ。
大沢「それ(怒っていること)を決定づけたのは、『スター秘どっきり』(注1)でしょう。」
(実は、あの日大沢くんが不機嫌だったことには理由があったそうです。)
大沢「実はあの日、僕、散髪屋に予約いれてたんですよ。そこに『上の階で会報撮りしますから』とか言われて、”えーい、ちくしょう散発行きてぇーによ。今日じゃなくてもいいだろ!”と思いつつ、楽屋に通されてイライラ。そのイライラしている中、ジュースを出されそこにドアをトントンとノックする音だろ〜。もう『はいはいはい』ってかんじで・・・」
内海「翌日は『笑っていいとも』出演だったんですよね」 と、話は盛り上がり、
内海「なぜ大沢君が電話に出るときにワンポーズをつけるの?」
と、何回もそのポーズをマネっこしていて、樹生に突っ込みされたうえに
大沢「普通だよぉ〜」

(注1)※4/6(火)放送「スターどっきり秘報告春の大爆笑スペシャル』

2.光の2人でCDはださないんですか?

内海「んじゃ、僕らもSAY’Sの『曇りのち晴れ』に対抗して『曇り時々にわか雨』でも出しましょうか」
ってギャグ男化した。

3.結婚は?

この質問がアンケート内で一番多かったんだって。という私もこの質問を書きました。
↑ あれ?なんでだろ?こたえをメモってなかった。

このアンケート用紙は、光の2人が本日の記念にと記帳にいれて持っててくれるんだって。うれしいよぉ〜。

MCコーナ

大沢から見た内海、内海から見た大沢などもりだくさん。
正面ステージ上で、小さなテーブルをはさんではじまった光のMCコーナー

■大沢から見た内海くんは?

内海君、格好つけてテーブルに肘ついて足伸ばして
内海「そんなほめなくてもいいからな」(会場爆笑)
大沢「誰もほめないよ。まっ、その内海くんとは長いつきあいですけど、その子供チックな所ですかね」
内海、おもいっきりこける姿。
大沢「今彼はエアガンに凝ってるんですよあれ痛いんですよねぇ。こーんな小さな発砲スチロールみたいなものだけど・・苦笑」
内海、必死に頭下げてペコペコあやまってましたよ。
(※この時期、本当にはまりまくっていたんでしょうね。同時期頃に開催された『SAY’Sコンサートin日本武道館』でもSAY’Sが内海君のエアガン話をしてましたよ。このSAY’Sコンサートレポは後日アップしますね)

■内海からみた大沢は?

うっ!自分楽しすぎてうかれすぎて内容を忘れちゃってた。

赤坂晃も東山紀之(少年隊)も駆けつけたディナーショーそしてお別れのとき・・・

本日の特別ゲストとして、同光GENJIメンバーの赤坂晃、そして先輩である少年隊の東山紀之さんが参加。

東山君は花束を持って、客席後方からファンがいるテーブル間を歩いて、光のいる真正面ステージへ。 晃君は、真正面ステージの舞台袖から登場!

光の2人は、少年隊の『STRIPE BLUE』などバックダンサーとしてゆかりのある先輩グループ。
内海「せっかく3人いることですし、少年隊ナンバーでも!」 やってくれるのぉ!!
でも、光司くんの少年隊のモノマネ(少年隊のバラードの1フレーズを歌ってくれたよ)のみ!(かよっ)
内海「先輩、すいません」とモノマネの後あやまっていたけどね。
ちょっととまどいながらお話をしていた東山くんは・・・・ 5〜10分程のトークで退場。

光の歌の途中で、ステージ脇から赤坂君が今度は再び登場。
晃君もほんの数分の出来事だったけど
内海「なんて紹介しましょうか?光GENJIそれともSAY’S?」
赤坂「どちらでもいいですよ」
内海「光GENJIの赤坂晃くん」って紹介。
と同時に、お客さんのボルテージは一気に盛り上がり!
光と一緒にちょこっと歌って、光の2人にお祝いの言葉を伝え帰っていきました。

ワクワクドキドキの『”HIKARU PARTY”』もお別れの時間・・・(泣)
正面ステージとは別に、会場中央両端に設置された高めの台にのぼって最後の挨拶。
ファン全員でバイバイして、会場裏へ去る内海君と大沢くんでした。

私の席からは見えませんでしたが、光2人が会場裏に帰るときに花束を持ったまま”やったぁ”って両手をあげスタッフと大喜びしていたんだって(ファン友談)

たしか最後の挨拶だったとおもいますが・・・??
同日、同ホテルにて「仮面ライダーショー」開催。このショーをしっかりPRする内海君でした。

以上、長文レポートにおつきあいいただき、ありがとうございます。
って、十分長いのですが多少関連写真と新聞記事がありますのでまたアップしますね


↑ディナーショーチケットとともに同封されていた用紙です。
posted by 光GENJIらぶりぃ at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 光GENJIイベントレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。